アラウンド還暦(アラカン)は仕事にありつくことができるのか?

2020/07/14
100年に一度の経済危機で、派遣切りなどが進んでいますが、果たして定年退職を迎えるような60歳前後の「アラウンド還暦(アラカン)」の世代に仕事はあるのでしょうか?仕事の有無を見る方法として一般的なのは、ハローワークなどに来る求職者の数に対して求人がどの程度の割合であるのかを示す「有効求人倍率」です。

1人の求職者に対してひとつの求人件数があれば有効求人倍率は1倍です。直近の数字では0.46倍になっています。求職者1人に対して0.46件しか求人がない状況で2人に1人は職がない状況といえます。

有効求人倍率はバブル崩壊後の1993年になって0.76倍に落ち込み、以後ずっと1倍未満でしたが、2006年、2007年と1倍を回復。しかし、2008年に世界的な経済危機に見舞われ、再び有効求人倍率は1倍未満に低下してしまいました。2009年に入ってからはさらに大きく下落し、金融機関の連鎖破綻があった直後の1998年は0.53倍、1999年の0.48倍を超える史上最悪の求人状況になっています。

また、問題なのは年齢によって区分した「年齢別有効求人倍率」の数値です。全体を1.0とした場合、60歳~64歳は各年齢階層の中で最低の0.31倍しかありません。65歳以上が逆に1.04倍というのは皮肉ですが、これは60歳~64歳の年齢層の求職者の数が求人の数の2倍程度あることを意味します。ちなみに「就職機会積み上げ方式」で有効求人倍率をを見た場合も60歳~64歳は0.39しかありません。ただし45歳~49歳の0.38よりはましな数字になっています。

最近は、求人をするのに年齢制限を設けるのは規制されていますから年齢によって求人数にそう大きな差があるわけではないと考えられます。つまり仕事が少ないというよりも、むしろ求職者の数が多いことを意味しています。

定年退職で仕事をリタイアしたものの求職活動をしている人が多いということかもしれません。あるいは失業保険をもらうために便宜上就職活動をしている人が多いのかもしれません。要するに60歳以上の人は、なかなか仕事にありつけないということです。

そもそも定年退職以後にできる仕事には、どんなものがあるのでしょうか。たとえば企業によっては定年退職者の「セカンド・ライフ」のためにトータルなコンサルティング・サービスを提供しているところもあります。

これは、企業の福利厚生の一環としてやっているところが多いのですが、定年退職者が今後の長い老後をどう過ごせばいいのか。働くにしても何をすればいいのか。あるいは働く必要がない人もボランティアのノウハウなどを教えてくれるサービスです。

従業員の福利厚生の「カフェテリア・プラン」の一環として自分で好きなメニューを選択できるコースを採用している企業では、そのカフェテリア・プランの中にこうした定年退職後のコンサルティングのメニューも入っている場合があります。

むろん、定年退職前から人材派遣会社のコンサルティングを受けて定年退職後の仕事を探す人も少なくありません。人材派遣大手の「パソナ」のアンケート調査によると定年退職後の身の振り方をある程度決めている人の3割は「仕事を続ける」と答えています。


さらに「社会貢献活動・地域貢献活動(20.8%)」「趣味や旅行を楽しむ(15.6%)」「海外や田舎暮らし(14.6%)」「資格取得や勉強(7.3%)」という順番になっています。いずれにしても会社が用意してくれるセカンド・ライフのためのコンサルティング・サービスが受けられる人は受けて損はないはずです。